オトコの恋バナ

男が気になる恋の話題をまとめます。

これって脈あり?女性が好意のある男性に送る好き好きアピール

2015.4.2

女性は男性に対してはっきりと好きとは言わなくても、好きな気持ちがあふれて好き好きアピールをしてしまう事がよくあります。

そこで今回は女性が好意のある男性にむけて送っている好き好きアピールをまとめました。

女性の好きスキアピールは遠回し

男性と女性では、目に見える身体的な特徴だけでなく、内面的にも大きな違いがあります。

たとえば、女性は多くの場合、男性よりもおしとやかで内気な傾向があります。

また、匂いや音、目に映る景色や、第六感いわゆるカンなどが男性よりも敏感で、些細な変化にもよく気づくと言われています。

そういった違いからか、恋愛で異性に自分の好意を伝えるときも、男性からしたら、分かりにくいような、遠回しな方法で好きアピールをすることがあります。

一方、男性はと言えば、鈍感で細かいことを気にしない傾向があるため、女性が一生懸命送っている好きアピールを見逃してスルーしてしまい、恋のチャンスを逃してしまうことも少なくありません。

要するに、女性が密かに送っている好きアピールを、敏感に察知することができれば、「女の気持ちがわかる」男性として、それが一つのモテる要素となります。

また、そういう男性は女性とも親しくなりやすいので、女友達の輪が大きく広がり彼女候補も増えるわけです。

つまり、恋愛で成功する可能性がぐっと高めることができます。

用事もないのに連絡をしてくるのは女性からの好意の証

特に用事もないのに、女性から連絡が来た場合は、あなたに好意がある可能性があります。

ポイントは「特に用事もないのに」というところです。

特に用事がないのに、自分から連絡をしてくる理由といえば、それはあなたと連絡を取りたいと思っているからに他なりません。

相手から、どこかへ出掛けようと、誘われた時はチャンスです。

この女の子からのアピールを見逃してはいけません。

ただし、女の子からのお誘い=全て好意と受け止めるのはやめましょう。

もともと仲の良い女性の場合は特に、異性としてではなく、友達の一人として会いたいといっているだけかもしれないからです。

これは、実際に会ってみないとわからないので、その時の態度をしっかりと見極めましょう。

一方、会ってまだ間もない、まだそれほど親しくない女の子から、お誘いを受けた時は、かなりの確率で女の子からの好意と受け取っていいでしょう。

その気があるのなら、お誘いを受けるのもアリです。

ただし、相手もあなたのことをよく知らない状態で、もう少し知り合ってみたい、という程度なので、あまり調子にのると、いっきに嫌われてしまうかもしれません。気をつけましょう。

好きな人には長文メールを送る

また、女性からの連絡もその内容で、脈アリなのかある程度判断ができます。

女性は一般的におしゃべりなど他の人とのコミュニケーションが大好きです。

特に、事務的な連絡事項がなくても、おしゃべりしたい!という気持ちがあります。

たいした内容でなくても、おしゃべりするだけで楽しいのです。

もちろん、相手は誰でもいいわけではありません。

自分の気持ちをわかってくれる人、話してて安心できる人、何より好きな人には特に自分のことを分かってもらいたいと思っているのです。

LINEやチャット、メールなどでも、実際の会話と同じで、女性は心を許している相手には口数が多くなります。

話が途切れないように、たくさんの話題や質問を詰め込もうとしている場合、あなたともっと話したい!という気持ちの表れなので、好意と持っていると考えて間違いありません。

スクロールしないと全部読みきれないほどの長文メッセージが届いた場合は、あなたにかなり惚れ込んでいるのかもしれません。

「好きだった人に似ている」も好き好きアピール

女性と話していて、「初恋の人に似ている」と言われたことはありませんか?

男性、女性問わず、初恋という言葉を使う時、懐かしくて切ない淡い思い出を思い浮かべませんか?

初恋の人に似ている、というのはこれ以上ない褒め言葉、つまり好意と受け取って問題ありません。

こちらからお誘いしたら、きっと喜んでついて来てくれるはずです。

ただし、「元カレに似ている。」と言われた時は、ちょっと微妙です。

初恋の人と元カレは、似ているようで、言葉に隠されたニュアンスが少し違います。

そもそも、お付き合いしていたのに、どうして別れてしまったのでしょう?

もしかしたら、彼の束縛や浮気、お金にだらしない性格など、元カレの短所に嫌気がさして、別れてしまったのかもしれません。

もう二度と付き合いたくないと思っている場合もありますから、この言葉は、必ずしもあなたに対する好意とはいえません。

かなり以前に付き合った男性で、今では美しい思い出の中の人、という場合は、あなたに対する好意かもしれないので、冷静に見極めましょう。

好意があると近くによってアピールをする

パーソナルスペースという言葉を知っていますか?

日本語にすると、「個人的な領域」ですが、このパーソナルスペースの内側に他人が入ってくると、人は不快に感じます。

見ず知らずの人に侵されたくないのです。

たとえば、満員電車や、混んでいるエレベーターの中で、他人が自分の目の前やすぐ隣にに立っている状況を想像してみてください。

やむを得ない状況と分かっていても、不快に感じますよね。

しかし、家族や、仲の良い友人ならそこまで不快に感じることはありません。

それは、相手に心を許しているからです。

女性が会議や飲み会などで、気がつくといつも隣に座っている、という場合、その女性はあなたに好意を持っているでしょう。

その女性のパーソナルスペースにあなたが侵入することを許しているからです。

好意だけでなく、打ち解けた間柄だと思っていることも伺えます。

女性が近くに来るというのは、あなたに対する好意をアピールする一つの方法だと受け止めましょう。

 - サイン・行動