オトコの恋バナ

男が気になる恋の話題をまとめます。

これは脈あり?女性が職場で好意を持つ男性へのサインの見分け方

2015.4.3

最近気になる職場の女性。

告白したいけど向こうがどう思っているのかわからない。

そんな経験はありませんか?

そこで今回は女性が職場で好意を持つ男性へのサインをまとめました。

女性の好意を見分けるには

あなたが好意を寄せる女性にアプローチするに際して、相手の女性があなたにどのくらいの好意があるのか、その時その時で常に把握しておくことは非常に大切です。

あなたと相手の「今」を、客観的な目で見つめる癖をつけたいところです。

なぜなら、相手の女性がまだそれほどあなたに好意を持っていない段階で、あなたが好意丸出しにしてアピールしたり、ズバリ告白してしまったりすると、「あなたが必死に追いかける」構図が完成してしまうからです。

こうなるとはじめの段階であなたが下、相手が上という関係のステイタスが根付いてしまい、女性から恋愛対象として見られなくなってしまう可能性があるばかりか、仮に恋人関係に発展したとしても恋愛の主導権を握れないままとなってしまうことが多いからです。

私自身もかつては女性のちょっとした言動に一喜一憂し、他の男に取られないようにと気ばかりせいて、数多の失敗を繰り返してきた身です。

あなたもそれに近しい経験を既にお持ちでしょうか?

この、「必死に追いかけ」構図が出来てしまったがゆえうまくいかない恋愛というのは往々にして、タイミングさえ見誤らなかったなら、もう少し女性の感情を揺さぶることができていたなら、その女性を落とせていた、極めて「惜しい」ケースが大半を占めているものです。

従って相手が自分にどれほどの好意を持っているのか、断続的に把握しつづけた上で適切なアプローチをするのが肝心なのですが、多くの男性は女性のちょっとした言動を「好意」と勘違いしてしまいます。

女性の好意と勘違いしがちな代表パターン

よくある「勘違い」シチュエーションをまとめておきます。

1.目を見つめられる

女性は元来、長い間人の目を見つめて話す傾向にあります。

男性にはなかなか見られない特性の為、勘違いをしやすいです。

中には、嘘ついている最中でさえ片時も目を逸らさず話せるなんてツワモノもいます。

それぐらい女性は相手から目を逸らすことなく話せる生き物です。

好きな相手ばかり見てしまう男性とは違うのです。

2.目の前に立たれる

女性は男性の目の前にただ立っていられる生き物です。

目の前に立たれ、距離も近い状態で面と向かって話すと、男性はそれだけでドキドキしてしまいますが、女性は気にも留めていないことが多いです。

3.目が合った時、微笑まれる

これは女性の気遣いに過ぎません。

目が合って急に逸らしたら気まずくなるから、という理由だけで微笑んでくれるのです。

必ずしも気があるわけではないのです。

4.会話が弾むと「やだぁ」などとボディタッチしてくる

わざと体に触れることで親密さをアピールしている風に捉えがちですが、単なる「ツッコミ」です。

男性は触られると必要以上に意識しますが、触れる側は特別な意識などしていないことが殆どです。

5.ふたりきりの状況で「美味しいイタリアンが食べたい」と言われる

勘違いしてデートに誘ってはいけません。

そんなこと求められているわけではないのです。

冷静に額面通り受け取りましょう。

女性はただただ、イタリアンが食べたいだけです。

あなたに連れて行って欲しいなら「連れて行って」とはっきり言うのが女性です。

いいなと思った異性に出す好意のサイン

一方でこんな興味深いアンケート結果も出ています。

「いいなと思った異性に出す好意のサインを教えてください(複数回答可)」という質問に対しては、

1位 チラチラ見てしまう 34.4%
2位 笑顔を絶やさない 34.1%
3位 ボディタッチが多くなる 27.6%
4位 メールの返信が早くなる 26.4%
5位 相手の話に「面白そう」と興味を持つ 25.4%

このうち、1位と3位は勘違いしやすい典型パターンでありますので要注意です。

確かに好意を持っている相手に対しても、このようなサインを出すものなんです。

だからこそ勘違いしやすいというわけですね。

あなたが勘違いしないで、きちんと相手の女性のサインを受け取るにはどうしたらいいでしょうか。

まず1位と3位を鵜のみにするのは危険ですので、それ以外の項目を判断材料にしましょう。

しかし4位の「メールの返信が早くなる」はそういうステージの関係なら、わかりやすいのですが、そもそもメール(SNSでのやりとりも含め)を頻繁にし合う仲にまで発展していなければ使えない見分け方です。

5位の「相手の話に『面白そう』と興味を持つ」の注意点としては、相手の女性のキャラクターを見た上で判別しなければならないことです。

これは自分以外の男性に対して、相手の女性がどう振る舞っているかを観察すれば簡単です。

自分の話にばかり興味を持ってくれる、質問もたくさんしてくれる、なんて場合はかなりの確率で好意を持たれていると見て問題ありません。

逆に誰の話にでも、大げさに関心を示して見せる女性もいますから、そういうキャラクターの女性をあなたが好きになっているのなら、この項目は外して考えるべきです。

他の人と話すときよりも笑顔が多い

さて残る2位「笑顔を絶やさない」ですが、結論から言えばこれが最も安全に相手の女性の好意を判断出来る基準です。

男女共に言える事ですが、好きな人を前にして笑顔が増えない人はいません。

嬉しくて楽しくて仕方なくどんなにニヤケまいとしたって笑顔がこぼれてしまうのが当然なのです。

ここでも他の男性との比較を忘れてはいけません。

他の男性と話す時よりあなたと話している時の方が笑顔多いのならば、あなたに好意を持っている可能性が高いです。

しかし、中には誰と話していても笑顔多めという女性もいますからキャラクターの見極めも怠らないことです。

また、緊張や職場での立場上などから、心とは裏腹にこわばってしまう方もいますから、笑顔が全くないからといって気がないとは限らないことも同時に押さえておきましょう。

大事なのは、あくまで他の男性に対する時と、あなたといる時との違いです。

あなたといる時「だけ」表情がこわばっていたり態度がそっけないようなら、逆に好意を持たれている証拠という事もあり得ます。

「表情」や「態度」は、「言葉」や「行動」よりも違いが出やすいので他の項目より判断しやすいですね。

好意がある男性に合わせて休憩時間に席を立つ

上述のアンケートにおいて「給湯室で鉢合わせするようにして、自分の存在を少しずつアピールする」(20代女性)という具体的な回答をした方も見られました。

この女性の「行動」は非常にシンプルですがわかりやすいです。

まずは何とか意中の男性に近づこうと、その男性の動きにあわせて席を立つなどして偶然を装い顔を合わせる機会を窺っているというわけですね。

男性側から見れば、このような女性は非常に組しやすいと言えます。

たとえば仕事上の動線からして頻繁に顔を合わせるのはどう考えても不自然という相手と、このところ急に顔を合わせる機会が増えたなという場合は「脈アリ」を疑ってみましょう。

さらに念押しとして、この時の相手の女性が笑顔でいるか、こわばっているか、よく観察するのです。

そしてこの時ももちろん、あなた自身への表情や態度だけで決めつけないで、他の男性に接している時との違いを冷静に見比べることです。

あなたといる時「だけ」どこか様子が違えばもう、ほぼ確定です。

女性はなかなか自分から男性を誘えませんから、あなたの方から声をかけデートに誘ってみましょう。

 - 職場・社内恋愛