男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

夫婦の仲良しの度合いを確かめ合うには夜がいい?

      2017/03/24

夫婦の仲良しの度合いを確かめ合うには夜がいい?

夫婦が仲良しだと家庭は円満!朝から晩まで仲良しでいられたらそれに越したことはないですね!

でも、夫婦が一番親密になれるのはやっぱり夜ではないでしょうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

友人の結婚式には出ないの?仕事を優先する人の心理と理由とは

結婚式は一生に一度しかないと思っているので、仕事を休むことも...

ディーラーの営業マンからの誘いに対して恋愛は成立するのか解説

車を買いたいと思った時にディーラーの営業マンと話をする機会は...

《実はバレてる?》彼女や彼氏に内緒でタバコ 隠すのは逆効果!

自分でも感じているでしょうが、一昔前と異なり、現在はタバコを...

過呼吸で苦しがって泣く彼女を助けたい!過呼吸への対処方法

過呼吸で苦しがって泣く彼女を見ていると、自分も辛くなりますよ...

彼女が留学で1年の遠距離恋愛! そんな不安の解消法

自分の彼女が、1年間の海外留学を決めた―― そんな状況...

結婚したことを後悔!貧乏な生活が辛い時の心理と対処法

憧れの結婚をしたことによって幸せな生活が待っていると思いきや...

告白を決意した時!相手の心に刺さる手紙の渡し方とは

告白を決意した時!相手の心に刺さる手紙の渡し方とは...

元カノが忘れられない! 結婚後でも気になる彼女の共通点

元カノで忘れられない人といるあなた。相手もあなたも結婚後で、...

左薬指に指輪がない男性は未婚?それとも…?その判断基準とは!

その男性が既婚か未婚かを判断するために、ついつい無...

好きな人は年上女性!大学生が年上女性にアプローチする方法とは

自分が大学生で年上の社会人の女性を好きになってしま...

告白を手紙でしたのに返事がない?気になる相手の気持ちとは

思いきって告白したいと思っても本人を前にすると緊張...

左薬指に指輪がなければ未婚?不倫の泥沼にハマる前に出来ること

人を好きになりそうになった時、ついつい相手の左薬指...

元カノが忘れられない!結婚後に元カノを忘れるための方法

元カノのことをなかなか忘れることができない男性も多...

友達の彼女が可愛い!羨ましいと思う心理と自分ができること

友達が可愛い彼女と付き合っているのを見ると羨ましい...

左薬指に指輪をしている男性を好きになった時の対処法

男女の恋愛においてであったタイミングが遅いと、諦め...

好きな人と気になる人の違いや境界線の考え方

好きな人と気になる人との境界線は、自分でもなかなか...

先生に告白するなら卒業式にしたいという心理を解説

学生時代に先生に恋心を抱いてしまった時には、叶わぬ...

社内の若い女性と浮気をした旦那への復讐方法

旦那との結婚生活の中で社内の人と浮気をしているのが...

先生に告白したいと思った時に手紙を活用するメリット

学校に通っている時に先生に憧れを抱いて好きになる人...

先生に告白したい!気持ちを伝えるための告白の仕方とは

学生生活の中で先制を好きになってしまった時には、誰...

スポンサーリンク


仲のいい夫婦の夜の過ごし方に対する考え方ベスト3!

1.一緒に過ごす時間を作る

付き合いが長くなると、付き合い始めた頃のように頻繁に会おうと努力することがなくなってきます。

そのため、意識的に夜のデートを企画したり、週に1回はディナーに誘ったりしましょう。

デートは部屋の中ではなく外に出かけたいですね。

それらのことも難しいのであれば、仕事の休憩時間やちょっとした合間の時間にお茶をするだけでもいいですね。

2.ちょっとした行動で気にかけていることを示す

凝ったプレゼントを用意する必要はありません。

メールや電話で「今日もお疲れ様」「愛してるよ」など、簡単な言葉でもいいので、相手のことを気にかけていることを示すと良いでしょう。

他にも、好物の食べ物を作ってあげる、お弁当をもたせてあげるなどのことも有効です。

3.不満タイムを作る

カップルと言えど、お互いに対する不満は大なり小なりあります。

その不満を溜め込んでおくとどんどん不満が大きくなり、ある時大爆発します。

そうならないためにも、不満が小さなうちから相手にぶつけましょう。

もちろん、感情的に不満をぶつけるのではなく、あくまで建設的に伝えましょう。

不満というのは言った方の気持ちは晴れます。

しかし、聞く方はあまり深刻に受け止めないようにします。

そうしないと、聞いている方が潰れてしまいます。

幼い子供がいる家庭では、夫婦はどのように仲良しの時間を作ってるの?

幼い子供がいる家庭では、夫婦はどのように仲良しの時間を作ってるのでしょうか。

特に男性は女性と違って、子供がいても女性を求めることは往々にしてあります。

しかし、子供と一緒に寝ていてはそれも難しいでしょう。

小さな子どもは、こちらから独立を促さない限りお母さんにはずっと甘えてきます。

甘えられたお母さんとしても、小さな子供はこんなものだと思ってしまいがちです。

しかし、子供が3歳くらいの時に、一人寝ができるようにしてあげると、個人差はありますが、多くの子供は一人寝ができるようになります。

こうすることで夫婦の夜の時間がとれやすいです。

3歳くらいですと、まだまだお母さんに甘えたい盛りですが、この頃から保育園に通ったり、幼児教室に通ったりと外の世界との繋がりができる頃合いでもあります。

このタイミングで、子供の独立を促す意味でも一人寝をさせてみてはいかがでしょうか。

例えば、一人寝は大きくなることだとおだてたり、一人で寝られた翌日には褒めちぎってその気にさせるなどの方法が良いでしょう。

夜だけじゃなく、いつでもラブラブな夫婦関係を築きたいものです!気を付けたいこと3つ!

夜だけじゃなく、いつでもラブラブな夫婦関係を築きたいものです。

そのために気を付けたいことを3つご紹介します。

1.適度に喧嘩をする

喧嘩を勧めているわけではなく、不満が小さなうちに相手にぶつけることをお勧めします。

この時、副産物として喧嘩が付いてきます。

不満が溜まったままですと、顔を見るたびにそのことが頭をよぎって不快な気分になります。

そんなことが続きますと、段々相手から心が離れていきますし、相手の方もその空気を感じて嫌になっていきます。

往々にして、お互いの勘違いが原因であることもしばしばですので、不満は溜め込まず、小さなうちに相手にぶつけて解決しましょう。

2.スキンシップを大切にする

自分の思っていることは、口に出したり、態度に示さないと相手には伝わりません。

そのため、愛している、感謝していると言った感情は口に出したほうが良いでしょう。

また、男性は照れくさいかもしれませんが、ハグをしたり、手を繋いだりするといった態度も有効です。

3.会話を大切にする

結婚すると、お互いが空気のような存在となってしまい、積極的に会話をする機会の減る夫婦も多いことでしょう。

空気のような当たり前の存在というと聞こえはいいですが、お互い元々は他人同士です。

やはり、会話であったり、感情表現がないと気持ちは離れてしまいます。

そのため、つまらないことだと決めつけないで、くだらないことでも会話のきっかけにして、夫婦の会話を増やすと良いでしょう。

夫婦関係を良好に保つ為に最も大切なこと!

夫婦関係を良好に保つ為に最も大切なことは、お互いが我慢をすることです。

恋愛関係にある時は、どんな小さなことでも報告しあって、会話の糸口としたり、お互いをもっと知りたいために、いろんな話をしたでしょう。

しかし、結婚して家庭を持つようになって子供ができると、父親、母親という役割ができてきます。

そうしますと、父親としてはあまり小さなことをべらべらと喋らないようにして、威厳を持って家族と接するという役割、母親としては、子供と家庭を守り父親を立てる役割が付いてきます。

そうしますと、恋愛関係にある時とは違って、日常の小さなことや仕事、家庭の不満は話さなくなってきます。

夫婦で話す内容は、育児や住宅購入、教育のことなど人生の節目のイベントのような大きな話になってきます。

このように、夫婦生活を良好に保つためには、お互いが恋愛関係のようにべったりせず、ある種の淡白さを持ちながらトラブルを起こさないように自制することですね。

仲良し夫婦は約束事を決めている!?

仲良し夫婦は約束事を決めていると言います。

そこで、どんな約束事があるのかを調べてみました。

1位:帰るときは何かしら連絡をする
2位:予定は前もって報告する
3位:挨拶のキス(毎日のキス)
4位:ウソは絶対につかない
5位:夕飯を家で食べない時は○時までに連絡する
6位:年に一回は旅行に行く

他にも、 「家事を頑張りすぎない」「好きなことや将来のプランなどはお互い話し合う」「月に1回は子供を実家に預けて夫婦で外食をする」などがありました。

これらのことは、聞いていると大したことではないように思われるかもしれませんが、日常生活の中で簡単にできることではありません。

思いついて1回や2回はできたとしても、毎回となると難しいものです。

だからこそ、約束事としてお互い取り決めをしないと続けられません。

約束事というと身構えてしまいがちですが、一度決めてしまえば続けやすくなりますし、効果的なことばかりですので、ぜひやってみて下さい。

関連記事はこちら

 - コミュニケーション

ページ
上部へ