男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

彼女と喧嘩になる前に!!めんどくさいと感じる行動の対処法

      2017/03/04

彼女と喧嘩になる前に!!めんどくさいと感じる行動の対処法

彼女の事は好きだけど、めんどくさい行動や態度をとられてつい喧嘩をしてしまう事がある人もいると思います。

そこで今回はめんどくさいと感じる行動に対しての対処法をまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

彼の転勤に合わせた退職・結婚 手続きはいつ始めるべきか

お付き合いをしている彼が転勤することになり、それを期に自分は...

【恋は盲目】気になる女性は自分の部下、好きになった要注意!

上司と部下の関係でいれば、何かと行動を共にすることも多いもの...

塾の先生がイケメンだった!イケメン塾講師との恋愛事情

塾の先生は、有名大学のアルバイト先としても需要がありますから...

慰謝料や養育費に税金はかかるの?非課税の範囲について

慰謝料や養育費、離婚の時に金額の取り決めを行うと思います。 ...

既婚者の患者が先生に恋愛感情を抱く!病院では日常茶飯事

既婚者の患者さんが、担当の医師に恋愛感情を抱くというのは、結...

高卒男子と大卒女子の恋愛にある3つの障害!結婚までの道

高卒男子と大卒女子、学歴が恋愛の障害になるなんて、昭和の時代...

《また見えない・・・》コンタクトとメガネを同時に使うには

朝起きて何も見えない状態から、コンタクトを付けてホッと一安心...

実家暮らしの社会人 貯金に回すべき手取りの割合とは


実家暮らしの社会人は、一人暮らしの社会人よりも、...

恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」
<...

『胃袋を掴んだもん勝ち!』彼女が作る料理はうれしいのか

男は胃袋を掴めばいい!なんて言葉がありますが、実際はそう簡単...

あれ?出産で里帰りした妻が帰ってこない。非常事態の対策

出産で里帰りする妻は、今やとても普通の事。
...

『私って家政婦なの!?』旦那が家事をしない理由

一時期よく耳にした“イクメン”という言葉。
...

旦那にイライラきている 新婚のあなたへ送るイライラ解消法

新婚は何しても楽しいと周りの他人からは羨望の眼差しで見つめら...

旦那がご飯を食べない・・・その根本的な原因はずばりこれだ!

せっかく旦那さんの為に作ったご飯を、食べてもらえないっていう...

スポンサーリンク


めんどくさいと思っても彼女の怒りが静まるまで待つ

1.女性と口喧嘩をするときに、勝とうとしない

そんなことをすれば、「火に油を注ぐ」ことになるからです。

ガードを固めることに集中して、女性が放つ言葉のパンチに耐えましょう。

もし反論してしまったら、さらに大きな一発が返ってきます。

それもさらに反論すると、それよりもさらに大きい一発が返ってきます。

そして、最後に「取り返しの付かないこと」が待っています。

2.ヒートアップした女性は、ブレーキの壊れたダンプカーのようなもの

なので、コースを脱線したり、まったく筋の通らないことを言ったりします。

しかし、絶対に揚げ足を取らないようにしてください。

コースを修正しようとすれば、絶対に事故が起きます。

スピードが緩むのをひたすら待ちましょう。

もし揚げ足を取ったら、逆揚げ足を取られるだけです。

「いつも」ではないことも「いつも」となり、気がついたら、あなたは「揚げ足を取るずるい男」になっています。

これを、揚げ足返しのいつも固めと言っている人もいるようです。

何かというとすぐに泣く彼女の対処法

優しいあなたなら一緒に泣いてあげましょう。

一緒に泣くなんて無理、と言われそうですが、これは女性が泣いた時の対策として、効果的なのです。

理不尽に泣かれてしまった場合は、一緒に泣く必要はありません。

あくまで、お互いに非がある喧嘩の場合の対策です。

彼女が泣いてしまったら、「俺も悪かった、ごめん」とでも言いながら、鼻をすすってください。

嘘泣きでかまいません。

すると彼女は、自分が泣くことで彼氏も泣かせてしまった、という罪悪感を感じます。

そのため、もう簡単に泣くのはやめよう、と思うのです。

お互いに非があった場合は、一緒に泣いてあげるのがベストなのですが、彼女の計画的な涙には厳しく対応してください。

「泣いて簡単に許してもらおうと思うな」というくらいの強気でいっても大丈夫です。

明らかに彼女に非があるときは、彼女が泣いても無視です。

そして、彼女に、「彼には涙は通用しない」とわからせれば、彼女が無駄に泣くことはなくなるでしょう。

彼女の不機嫌な態度には取り合わない

「別に」という彼女の一言には、気をつけてください。彼女が「別に」と言うときは、確実に彼女は不機嫌だからです。

彼女にかなりの大きな問題が起こっているのに、彼氏が察していないので、彼女は彼に対してとても腹が立っているのです。

「あなたは私に起きている大きな問題について、何も察していない」と思って怒っているのです。彼女は、問題を説明するのが面倒臭かったり、嫌気がさしたりしているので、「別に何もない」と言いたいのでしょう。

このようなときは、男性は真剣に取り合わないようにしてください。

本人が「別になにもない」と言っているので、普通にしておけば問題ないのです。そして、間違っても「何か怒ってる?」と尋ねないようにしましょう。

そんなことを聞いてしまうと、女性はどんどんと付け上がってしまうからです。

女性が「別に」というときは、彼女の不機嫌な様子を解決しようと試みる必要はないのです。

触らぬ神にたたりなし、ということなのです。

彼女の言葉を鵜呑みにしない

ほとんどの「なんでもいいよ」は、なんでも良くはないのです。

まるで相手に委ねているようですが、嫌なことはしっかりとあるので、本当になんでもいいのではないのです。

ワガママだと思われたくないので、言わないだけなのです。

しかし、それは男性を困らせます。

たとえば、「何食べたい?」と聞いたら、「なんでもいいよ」と言われても、それを信じることはできません。

すでに、どこの何を食べたいかまで、決まっていることもあるからです。

そのため、「なんでもいい」と言われたら、「ガッツリ系とあっさり系のどっちがいい?」「和洋中イタリアンのどれがいい?」などと聞いて、絞り込んでいくようにすれば、正解がそのうちわかります。

面倒でも、宝探しをするつもりで楽しんでくださいね。

女性が一人ではなかなか行けない牛丼屋・ラーメン屋などに行きたいけど、恥ずかしくて言い出せないこともあります。

女性のプライドを傷付けないように誘ってあげましょう。

彼女は喧嘩の後の対応で試している

喧嘩の原因がどちらでも、相手を理解したかったり、自分のことをわかって欲しかったりするので喧嘩をします。

どうでもいい相手なら、喧嘩するような面倒なことはしません。

そのため、喧嘩も愛情表現だと考えて、開き直ってくださいね。

いらいらしたり、むしゃくしゃしたりしますが、乗り越える壁だと思って、前向きに考えていきましょう。

女性は特にこの喧嘩という方法で、コミュニケーションをはかろうとします。

喧嘩をすることによって、彼の気持ちがどれくらい自分に向いているのか、確かめていることがよくあるのです。

大切なのは、喧嘩をした後の彼の態度です。

喧嘩をした後に、彼氏が自分に真摯に対応してくれて、愛情表現をしてくれるかどうかを試しています。

現実主義で冷静な男性は、『わざわざそんなことをする必要はない』と呆れてしまいがちですが、それが女性だというのを理解してあげましょう。

女性は、いつも愛されていることを感じていたいのです。

関連記事はこちら

 - 喧嘩・別れ

ページ
上部へ