男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

これで克服!女性に対しての苦手意識のなくし方

      2017/02/28

これで克服!女性に対しての苦手意識のなくし方

身の回りの女性がなんとなく苦手でコミュニケーションは必要最小限なんていう男性もいるかと思いますが、

これでは気になる女性が出来た時に困ってしまいます。

そんなあなたに向けて日頃からできる苦手克服法を調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

慰謝料や養育費に税金はかかるの?非課税の範囲について

慰謝料や養育費、離婚の時に金額の取り決めを行うと思います。 ...

既婚者の患者が先生に恋愛感情を抱く!病院では日常茶飯事

既婚者の患者さんが、担当の医師に恋愛感情を抱くというのは、結...

高卒男子と大卒女子の恋愛にある3つの障害!結婚までの道

高卒男子と大卒女子、学歴が恋愛の障害になるなんて、昭和の時代...

《また見えない・・・》コンタクトとメガネを同時に使うには

朝起きて何も見えない状態から、コンタクトを付けてホッと一安心...

実家暮らしの社会人 貯金に回すべき手取りの割合とは


実家暮らしの社会人は、一人暮らしの社会人よりも、...

恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」
<...

『胃袋を掴んだもん勝ち!』彼女が作る料理はうれしいのか

男は胃袋を掴めばいい!なんて言葉がありますが、実際はそう簡単...

あれ?出産で里帰りした妻が帰ってこない。非常事態の対策

出産で里帰りする妻は、今やとても普通の事。
...

『私って家政婦なの!?』旦那が家事をしない理由

一時期よく耳にした“イクメン”という言葉。
...

旦那にイライラきている 新婚のあなたへ送るイライラ解消法

新婚は何しても楽しいと周りの他人からは羨望の眼差しで見つめら...

旦那がご飯を食べない・・・その根本的な原因はずばりこれだ!

せっかく旦那さんの為に作ったご飯を、食べてもらえないっていう...

得する?損する?義母を同居の際に扶養にした方がいいのかを検証しました

親にはいつまでも元気でいてほしいものですが、いつかは一人で生...

好きな人の前だと緊張して食欲がなくなる女性『理由』と『対策』

恋をした事がある人なら誰でも「好きな人を前にすると緊張してし...

『これが恋の病?』好きな人といると緊張して食欲がなくなる理由

なんだかそわそわ落ち着かなくて、よく眠れないしお腹も空かない...

スポンサーリンク


無理をせず等身大で勝負しよう

女性と話すことが苦手な男性の多くが勘違いしているのは、
「女性が苦手」なのではなくて「女性の前で理想の自分を
演じることが苦手」なのです。

ではその勘違いの原因とはなんでしょうか。

それは「経験豊かで女慣れしている人」や「話が上手くノリが良い人」
が女性の理想像だと思っていることです。

しかし、女性は本当にそのような人たちを、
理想的だと思うのでしょうか?
確かに経験豊かでおしゃべりであれば、最初は惹かれてしまうでしょう。

しかし深い付き合っていくことを考えると、
女性にとっては、あまり関係のないことかもしれません。

むしろ遊び人だと思って、警戒する女性もいるはずです。

女性慣れしていなくても、口下手でも良いのです。

しっかりと自分を持って、自分の言葉で一生懸命に想いを伝えれば、
女性の心に響くものは必ずあるはずです。

もしかするとキュンとしてくれる女性がいるかもしれません。

相手に楽しんでもらおうとする気持ちや思いやりがこそが、
女性が求めているものです。

上手に話ができても、気持ちが伝わらなければ意味がないのです。

自分で自分を否定しない

あなたが女性に対して苦手意識を持つようになったのは、
なぜか考えたことはありますか?
最初から女性が苦手ではなかったはずです。

男子校で女性と接点がなかったことや、女性に対してトラウマがあるなど、
さまざまな原因があると思います。

また「嫌われたらどうしよう」などのマイナスな思いが強い場合は、
弱気な行動につながるため、自分のありのままを出すことができなくなります。

女性に対しての苦手意識をなくすために「自信をつける」のはとても大切です。

たとえば、得意なものを作るのはどうでしょうか?
スポーツや知識でも良いですし、速読や字がキレイなど
些細なことからで良いのです。

自分の自慢できることを作っておきましょう。

また「筋トレ」や「日記をつける」など、毎日続けることにチャレンジしてみましょう。

「持続させること」ほど、難しいものはありません。

また継続は力なりで、自分の得意分野へと成長する可能性もあります。

やり遂げる自分を認めることで、それが自信へとつながっていくはずです。

あまり構えず心を開いて

相手は話し上手な人なのに、自分と話すときだけ会話が
盛り上がらないのはなぜでしょうか?
話し上手な人と話してもイマイチ会話が盛り上がらない原因は、
あなたが心を開いていないからです。

話し上手な相手は、色々と話題をふってくれますが、
あなたは心を開けずに上手く返せません。

また、あなたの意識が相手の話題よりも「会話をしなくては」と
変な方向にいっているため、話を広げることができないのです。

その結果、お互いのことをよく知らないまま会話が終了してしまうので、
次に接する機会があっても挨拶程度になってしまいます。

それはあなたの情報が相手の頭に入っていないため、話の話題がないからです。

相手もあなたも話したことがあるのに、お互いに「知り合い」ではないのです。

話し上手な相手なら話題が豊富なので、あなたに話しかけることも容易いはずですが、
一度話してあなたとの会話は盛り上がらないことを知ってしまっています。

なかなか掴めないあなたよりも、楽しく会話ができる人とワイワイ盛り上がりたいはずです。

思い切ってはっきり言ってしまう

女性は本当に苦手だ…と頭を抱えていませんか?
女性への苦手意識をなくしたいと考える人ほど、
理想と現実の違いに落胆し、さらに自己嫌悪に陥ってしまうのです。

色々な方法を試してみても、やっぱり苦手だと思ってしまう人は、
正直に女性に苦手意識があることを告げてしまいましょう。

サラッと流す感じで「女性とあまり話したことがないから照れてあがっちゃいます」
と軽く言えば、女性は話してくれたことに対して、かえって好印象を持つものです。

また彼女はあなたが会話することが苦手だと知っているので、
話しやすいような話題を振ってくれるはずです。

すると会話も増え女性への苦手意識も薄れていくのではないでしょうか。

まだ同性の友人などに相談すればアドバイスをもらえるかもしれません。

コンパに誘われたり、女性の友人を紹介してくれるでしょう。

まず正直に女性が苦手だと話すことは、あなたを理解してもらうために必要なことです。

それが女性への苦手意識をなくすための第一歩となるはずです。

最後の手段!荒行に挑む

女性への苦手意識を克服するための最後の手段として、勇気を出して「キャバクラ」に行ってみるのはどうでしょうか?

まず初めは、若いキャバ嬢より年上の落ち着いたキャバ嬢との会話をオススメします。

相手はプロですから、あなたのたどたどしい話がつまらなくても、上手く面白い方向へ引っ張ってくれます。

ショップ店員のお姉さんと話すよりは、ぜんぜん緊張せずに話せるはずです。

キャバクラは高額だと思ってるかもしれませんが、
相手は会話のプロなので勉強代だと思えば安いものです。

日頃から行き慣れている人と行けば、変な店に当たることもないので安心できます。

また「銀行の窓口」で資金運用の相談なども免疫をつけるためには良いかもしれません。

練習なので話すことができるなら、ベテランの女性でも良いのです。

さらに、町のイベントやボランティアに参加するのも、さまざまな年代の男女が集まるので、
女性だけではなくて多くの人と話すのにも良い機会です。

関連記事はこちら

 - コミュニケーション

ページ
上部へ