オトコの恋バナ

男が気になる恋の話題をまとめます。

夫婦の仲良しエピソードにはどんなものがある?

2015.4.14

夫婦の仲良しの形は人それぞれ。

仲良しにまつわるエピソードもさまざまでしょう。

世間の仲良し夫婦の仲良しエピソードにはどんなものがあるのか調べてみました。

夫婦が仲良しだと子供も安心する?子供が見た仲良し両親の姿トップ3!

子どもは夫婦の仲が悪いと、常にストレスにさらされた状態になり、不安定な子になってしまいます。

逆に、仲が良い夫婦の場合は安心して過ごすことが出来ます。

子どもから見た仲良し両親とはいったいどんなものでしょうか?

1.いつも笑い合っている

常に笑いあうのは大変かもしれませんが、子どもにとって一番安心できる環境になりますし、大きくなっても「そういう家庭になりたい」と思ってくれます。

安心できる環境は、子どもの教育にもよく、夫婦仲はもちろん、家庭内が常に明るくなるので1番素敵な姿だと思います。

2.お互い、言いたいことを我慢せず、理解する努力もする

長年一緒にいると「どうせダメ」と諦めて言いたいことを我慢したり、「変わるわけがない」と思って理解せずに話を流すこともあると思いますが、子どもはその姿も見ています。

思ったことがあれば話し合い、お互い理解しようと努力をすることで夫婦の仲もよくなりますし、子どももそれを見て発言する勇気を持つことが出来ます。

また、コミュニケーションの大切さに気づくことが出来るので、子どもの為、夫婦の為にも我慢せず発言し、理解しあうことが大切です。

3.二人の時間を大切にする

子どもがいると、子どもを中心に生活することが増えると思います。

子どもがいることで「子がいる幸せ」がありますが、「新婚のような・結婚前のような2人」ではいることが出来ません。

時には二人の時間を作ってお出かけをしてみましょう。

昔を思い出すことで更に仲の良い夫婦になります。

可能な人は、子どもをおばあちゃんの家などにお願いしてみましょう。

孫が可愛くて至れり尽くせりな環境になって、子どもにとってもリフレッシュできるかもしれませんし、定期的に、「特別な日」を作るのもいいかもしれませんね。

仲良し夫婦になる為にやった方がいい習慣ベスト3!

結婚3年目は、夫婦仲の倦怠期と言われており、結婚5年以内が最も離婚率が高いそうです。

好きで結婚したのに「倦怠期」なんてものに負けたくありませんよね。

仲良し夫婦でいるために習慣づけてほしいことがいくつかあるのでご紹介したいと思います。

1.就寝時間を一緒にする。

新婚の時は一緒に寝ていたりしても、子どもが出来たり、仕事の関係など年月が経てば経つほどに就寝時間がバラバラになりやすくなります。

体調を崩してまで無理する必要はありませんし、飲み会や残業の時は先に寝てもいいと思います。

ですが週に何日かは一緒に寝るようにしましょう。

夫婦で一緒に寝た後や寝たふりをした後にこっそり起きてきて、やり残したことをするのも愛情表現の1つだと思います。

2.共通の趣味を見つけだす

新婚の頃や交際中は何もなくても笑いあえたけど、共通の趣味がないことにふと気づくことはよくあることです。

共通の趣味がアニメなどだった場合は、最終回で共通のものが終わってしまったりもしますね。

「趣味の不一致」は、夫婦の仲に危機を与える原因にもなるので、一緒に趣味を探してみましょう。

探している間も楽しいですし、見つけた後も共通のものが増えるので楽しさは継続されます。

しかし共通の趣味だけだと、1人で何かに没頭するものがない状態になってしまうので、自分だけの趣味も確保することが大切です。

3.手をつないで歩く

年を取っても手を繋いで歩くことは恥ずかしくありません。

手を繋いで歩くことによって、ほとんど同じ視界を共有していることになります。

手を繋がずにどちらかが先に歩いてしまうと、「さっきのあれ見た?」なんて会話もできません。手を繋ぐことが照れくさいと思う時期もあると思いますが、仲いい夫婦でいるためにも、お互い気づいたら「手を繋ごう」と誘って習慣づけてみましょう。

夫婦っていいな、結婚ていいなと思える瞬間とは?

独立行政法人・国立青少年教育振興機構の調査で「結婚したくない」と考える20歳代の男性が年々増えていることがわかりました。結婚したくないと思う理由も様々あると思いますが、「結婚もいいな」「結婚って夫婦っていいな」と思う瞬間も色々あると思います。

実家に住んでいる人や、いつでも何でも話せる仲の良い人がいる場合、誰かと家をシェアしている場合は他愛のない話を好きな時間に言えるかもしれませんが、1人暮らしの人はどうでしょうか?

今日1日の些細な出来事など何でも話せる人がいれば・・
そんな時に「夫婦っていいな」と思う人が多いようです。籍を入れることで身内になるので深刻な話など、他人に相談しにくいことも言えるのでそういう面でも「夫婦」はいいのかもしれません。

また、籍を入れることで経済的な理由など負担も多くなりますが
精神的に辛いとき、体調不良で寝込んでいる時など、一番近くに一番好きな人がいてくれるようになるので安心感もあります。

相手の家族や自分の家族など、身内が増えるので何かあった時に助けれくれる人が増えるのも良いところですね。

身内が増えることで、自分の知らなかったことを知る機会も増えますし
夫婦のどちらかが苦手なことがあっても補うことが出来ます。

虫が嫌いな嫁の場合は、虫に強い夫が退治し、ダイエットが苦手な夫には、美味しく痩せれる食事を嫁が作るなど。

2人いるから支えあい、補うことができます。

何かあった時に話し相手がいる安心感や、支えあうことができる環境を知った時「夫婦っていいな」と思う人が多いようです。

出産を経て夫婦仲に変化が起きた場合の対処法も知っておきましょう!

結婚後の最初で最大のイベントというと、「妊娠・出産」ではないでしょうか。悲しいことに妊娠中の夫の浮気は多く、出産後「嫁がお母さんになった」と夫婦仲に変化が起きる方が多いようです。

どうすれば、仲の良い夫婦でいれるのでしょうか?

まず、コミュニケーションは愛情表現の1つです。

日ごろの感謝の気持ちや好きという言葉をしっかりと伝えましょう。

「当たり前」と思うことは危険です。

直接言うのが恥ずかしい場合は、手紙やプレゼントなどで伝えるのも素敵だと思います。

子どもが出来る事で、「パパ」「ママ」という関係になってしまいますが、夫婦には変わりはなく、好きだからこそ結婚したはずです。

お互いに、今相手が言われて嬉しいと思う言葉を考えて、言い合うのは恥ずかしいかもしれませんが1番嬉しい行動だと思います。

また、子育て「育児」は男性にとっては未知の世界かも知れません。ですが妻は家事と育児と大忙しなので「何をしたらいいかな?」と聞いてみましょう。

失敗しても構いません、努力しないで見てないふりの何倍も良い行動です。

子育てに向き合える夫は、妻にとって「自慢の夫」であり幸せな家庭だと実感することが出来ます。

子育てがどうしても苦手な場合は、家事を手伝ってみましょう。

皿洗いや掃除など小さなことを1つでもいいのでやってみてください。

きっと妻はそれに気づき、「育児の代りに家事をしてくれたんだね」と嬉しくなると思います。

出産後、夫婦の仲に変化が出た場合も上記の方法が、仲の良い夫婦に戻る有効な手段だと思います。

是非試してみてくださいね。

エピソードに見る誰もが羨む仲良し夫婦の姿とは?

1.「パパ、ママ」は子どもの前のみ

子どもがいると、「パパ、ママ」または「お母さん、お父さん」と呼ぶ家庭が多いですが、二人きりの時は下の名前で呼んだり結婚前からのニックネームで呼び合ってみてはいかがでしょうか。

結婚をすると「〇〇ちゃんのお母さん」などニックネームや下の名前で呼ばれることは少ないので、とても新鮮ですし、好きな人にそう呼ばれるのはとても素敵な事です。

そういう夫婦を見ると「母じゃなく嫁として見てくれている」と思えて羨ましいと思う人もいるので、二人きりの時は呼び名を変えてみるのもいいかもしれません。

2.デートの時はお洒落をする

結婚後何年たってもデートの時は、綺麗な格好とメイクをすることは大切ですね。

お洒落をしてデートをする夫婦をみて驚く人も多いようですが、デートの時は結婚前のようなトキメキは大切なので是非お洒落をしてみましょう。

小さな子供がいてお洒落に手を掛けれない人も、時々でいいので準備中は主人に任せて、家族全員でお洒落をしてお出かけしてみてはいかがでしょうか。

3.恥ずかしがらずに素直に褒めあう姿

新婚の時はお腹いっぱいなほどにお互いを褒めあい、他人にまで良さを自慢する人がいますが、結婚して長い夫婦でそういう話は聞きませんよね。

当たり前や恥ずかしいと思っていて口に出さない人も時には言ってみましょう。

新婚ではない男性が「嫁自慢」をすることは他人からすると「仲いいんだな」と好感度が高いようです。

また褒められて嫌な人はいません。

相手が褒めてくれない時は、こちらから相手を持ち上げ続けましょう。

言いやすい環境を作ることで相手からも普段いってくれないことを言ってくれる可能性がありますよ。

 - 夫婦のコミュニケーション