男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

彼女と喧嘩!愛情が一気に冷めた言動と上手な喧嘩の回避方法

      2017/03/07

彼女と喧嘩!愛情が一気に冷めた言動と上手な喧嘩の回避方法

どんなに好きあっていても、育ってきた環境だって違うのですから、恋人と喧嘩することは当然と言えるでしょう。

しかし、この喧嘩、するたびにあなたの彼女に対する愛情が冷めていくことに、あなた本人は気付いていましたか?

決定的に気持ちが冷めてしまう前に、喧嘩の回避方法を身につけておきましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【恋は盲目】気になる女性は自分の部下、好きになった要注意!

上司と部下の関係でいれば、何かと行動を共にすることも多いもの...

塾の先生がイケメンだった!イケメン塾講師との恋愛事情

塾の先生は、有名大学のアルバイト先としても需要がありますから...

慰謝料や養育費に税金はかかるの?非課税の範囲について

慰謝料や養育費、離婚の時に金額の取り決めを行うと思います。 ...

既婚者の患者が先生に恋愛感情を抱く!病院では日常茶飯事

既婚者の患者さんが、担当の医師に恋愛感情を抱くというのは、結...

高卒男子と大卒女子の恋愛にある3つの障害!結婚までの道

高卒男子と大卒女子、学歴が恋愛の障害になるなんて、昭和の時代...

《また見えない・・・》コンタクトとメガネを同時に使うには

朝起きて何も見えない状態から、コンタクトを付けてホッと一安心...

実家暮らしの社会人 貯金に回すべき手取りの割合とは


実家暮らしの社会人は、一人暮らしの社会人よりも、...

恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」
<...

『胃袋を掴んだもん勝ち!』彼女が作る料理はうれしいのか

男は胃袋を掴めばいい!なんて言葉がありますが、実際はそう簡単...

あれ?出産で里帰りした妻が帰ってこない。非常事態の対策

出産で里帰りする妻は、今やとても普通の事。
...

『私って家政婦なの!?』旦那が家事をしない理由

一時期よく耳にした“イクメン”という言葉。
...

旦那にイライラきている 新婚のあなたへ送るイライラ解消法

新婚は何しても楽しいと周りの他人からは羨望の眼差しで見つめら...

旦那がご飯を食べない・・・その根本的な原因はずばりこれだ!

せっかく旦那さんの為に作ったご飯を、食べてもらえないっていう...

得する?損する?義母を同居の際に扶養にした方がいいのかを検証しました

親にはいつまでも元気でいてほしいものですが、いつかは一人で生...

スポンサーリンク


男は一度の喧嘩で彼女への愛情が冷めてしまうものだった

原因は様々ではありますが、カップルの間に、喧嘩はつきもの。

勿論、喧嘩なんかしたことがない、というカップルもいるでしょうが、大なり小なり、喧嘩をしたことがある恋人たちのほうが多くいることでしょう。

ただの喧嘩、よくあること――確かにそうですが、軽く考えてはいけません。

実は男性にとって、彼女との喧嘩は、自分の中の愛情の寿命を縮めるものなのです。

女性は、喧嘩をして意見をすり合わせ、お互い納得いく着地点を見つけられれば、愛情が深まると考えます。

そのため「時々は喧嘩をしたほうがいい」と考えがち。

しかし実際の男性と言えば、些細な原因だとしても、喧嘩をするだけ、心の中にストレスが生じます。

それが面倒だ、煩わしい、という気持ちにつながってしまうのです。

男性は女性と異なり、愛情が一気に冷めることよりも、徐々に冷めていく傾向があります。

そして、冷めてしまった愛情を、再び温め直すことはとても難しいことです。

その冷めを加速させるのが喧嘩であり、喧嘩を繰り返すうち、いつしか男性の中から彼女への愛情が失われてしまい、結果…というケースが後を絶たないのです。

こんなことを彼女にされると喧嘩になってしまう その原因は?

彼氏・彼女との関係を長く続けたい、ならば喧嘩は回避したい。

と、男女共思ってはいるものの、恋人同士でも、どうしても許せないことというものは存在し、それが原因で喧嘩になる場合が多々あります。

カップル間の喧嘩の原因について聞いたあるアンケートでは、以下のような結果となりました。

  • 返事が適当、話を聞いていない態度をされる
  • デートに遅刻する
  • デートでのテンションが低い
  • 会おうとしてくれない
  • ドタキャン

「せっかく話しているのに、相手がそっけないと気分が悪くなる」、「前に話したことを覚えていない、人の話を聞いていない」という態度にイラっとして喧嘩に至るケースを挙げる人が多数いました。

スマホを片手に適当な相槌しかしてくれない恋人に、幻滅するなというのも無理な話ですし、何より、話しかけているのに上の空――つまりコミュニケーションを断ち切られているわけですから、怒りが湧くのも仕方ない話でしょう。

そして、やはりデートに関わることが原因になるケースが多くありました。

普段は一緒にいられないから、デートでは楽しみたい。

そう思っているのに、遅刻をする、テンションが低い相手とは楽しむどころではなくなってしまいますね。

特にこんな言葉を彼女に言われると、男心は余計に冷める

一般的に、女性は男性よりも言語能力に長けているため、ついつい喧嘩になった時、どうしても一言言ってやりたい!と考えがち。

しかし、以下のような言葉は、二人の関係を終わらせてしまうる可能性があります。

彼氏からの愛情を疑う/他の女性の存在を疑う言葉

例えば連絡が減るだけで、女性は不安になり、もう愛情がないのでは?

彼氏に他の女性が出来たのでは?

と疑心暗鬼になってしまいます。

しかし、その一言は、彼氏に対して「あなたを信用できない」と言っているようなものなのですから注意しましょう。

自分達の関係を疑う/自分の愛情が減ってきたことをほのめかす言葉

彼氏の態度が気に入らないからと「私達付き合ってるっていえるの?」、「最近一緒にいてもつまらない」等と言われると、男性側としても「じゃあもういいよ」と思いたくなるものです。

多くの男性は、”面倒くさい関係”を続けるぐらいなら、別れてスッキリしたいと考えます。

彼氏の周囲の人(家族・友人など)を否定する言葉

親しい人のことを悪く言われることは、誰でも酷く嫌悪しますが、特に男性の場合、長く付き合っている人への批判は、彼女からであっても絶対聞きたくないもの。

女性とは違う仲間意識がある、という点を忘れてはいけません。

恋心が冷めても当然?絶対反省していない彼女の態度10

自分が原因で喧嘩になった時、その反省をしっかり態度に示しているでしょうか?

もし、彼氏に怒られていることに反省せず、以下のような態度を取っていると、彼氏の愛情が急激に冷めることがあります。

  • 面倒くさいからおざなりな謝罪をする
  • 彼氏が本気で怒っていることを理解しない
  • 自分を卑下して見せて反省しているフリをする
  • 逆ギレをする
  • 怒っている彼氏のほうが変だ、という態度を取る

いくら男性が、女性よりも相手の心の動きに鈍感だ、と言っても、付き合っている彼女の心の真意に気付かないほど鈍いわけではありません。

怒られるのが面倒、話し合いする必要がない、そもそもの原因は彼氏側にある、と、色々と言い分もあるでしょう。

しかし、

「もう面倒だから、全部私が悪い、私が悪者ってことでいいよ」
「ごめんなさい。はい、謝ったから終わりでいいでしょ?」

私は絶対に悪くない、でも面倒だから”一応”謝っておくか、という態度では、余計に彼の気持ちを冷めさせます。

そんな態度は、好き嫌い以前に、お互いの価値観の違いを埋められない=付き合っている意味がない、という気分にさせてしまいます。

言い合いの喧嘩にならないようにするポイント5つとは?

相手が意見を話している時は真剣に聞く

聞き流す、嫌そうに聞く、聞いているふりをする――こうした態度が元で喧嘩になるケースが多いことは、先にも触れた通り。

お互い冷静に話し合うためにも、真剣に聞く態度を示しましょう。

”正誤討論”をしない

男女とも、喧嘩をしている時は、相手に自分の正しさを認めさせたい、相手を言い負かしたいと思いがちです。

そのため、”どちらが正しくどちらが間違いか”が論点になってしまう傾向がありますが、これはお互いに冷静でなくなっているサインとも言えます。

相手の言葉は一旦受け止める。

意見の違いがあっても、そこで即相手の言葉を否定してはいけません。

言われたら言い返す、をしていると、エスカレートして喧嘩に発展してしまいます。

一度は相手の言葉をすべて聞き、”受け入れられなくても”一度は受け止めましょう。

相手の考えを聞いて疑問を残さない

お互い頭に血が登っていると、言葉不足から誤解や勘違いが往々にして起こります。

同じ喧嘩を繰り返さないために、相手の気持ちを聞いて疑問を残さないことが重要です。

完璧・完全を求めない

相手を全て自分の思い通りにすることは、どんな人間関係でも不可能です。

ですから、恋人同士に必要なのは”お互いが譲歩したルール”を作ることだとも言えます。

相手をねじ伏せるのではなく、思いやりを持ち合うことが、何よりも大切です。

関連記事はこちら

 - 仲直り・あやまり方

ページ
上部へ