男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

好きな人からメールが来ない!女性が自分から連絡を取らない理由

      2017/03/01

好きな人からメールが来ない!女性が自分から連絡を取らない理由

男性は気になる人や好きな人ができたら自分から積極的にメールやラインを送る事も多いと思います。

こちらが一生懸命連絡をしても、自分からはあまり連絡を取らない女性がいると、自分に興味がないのかな?と心配になったりもしますね。

普段会ってるときは好意的な態度で接してきたとしたら、頭の中は混乱状態です。

そこで今回は女性が自分から連絡を取らない理由についてまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

友人の結婚式には出ないの?仕事を優先する人の心理と理由とは

結婚式は一生に一度しかないと思っているので、仕事を休むことも...

ディーラーの営業マンからの誘いに対して恋愛は成立するのか解説

車を買いたいと思った時にディーラーの営業マンと話をする機会は...

《実はバレてる?》彼女や彼氏に内緒でタバコ 隠すのは逆効果!

自分でも感じているでしょうが、一昔前と異なり、現在はタバコを...

過呼吸で苦しがって泣く彼女を助けたい!過呼吸への対処方法

過呼吸で苦しがって泣く彼女を見ていると、自分も辛くなりますよ...

彼女が留学で1年の遠距離恋愛! そんな不安の解消法

自分の彼女が、1年間の海外留学を決めた―― そんな状況...

結婚したことを後悔!貧乏な生活が辛い時の心理と対処法

憧れの結婚をしたことによって幸せな生活が待っていると思いきや...

告白を決意した時!相手の心に刺さる手紙の渡し方とは

告白を決意した時!相手の心に刺さる手紙の渡し方とは...

元カノが忘れられない! 結婚後でも気になる彼女の共通点

元カノで忘れられない人といるあなた。相手もあなたも結婚後で、...

左薬指に指輪がない男性は未婚?それとも…?その判断基準とは!

その男性が既婚か未婚かを判断するために、ついつい無...

好きな人は年上女性!大学生が年上女性にアプローチする方法とは

自分が大学生で年上の社会人の女性を好きになってしま...

告白を手紙でしたのに返事がない?気になる相手の気持ちとは

思いきって告白したいと思っても本人を前にすると緊張...

左薬指に指輪がなければ未婚?不倫の泥沼にハマる前に出来ること

人を好きになりそうになった時、ついつい相手の左薬指...

元カノが忘れられない!結婚後に元カノを忘れるための方法

元カノのことをなかなか忘れることができない男性も多...

友達の彼女が可愛い!羨ましいと思う心理と自分ができること

友達が可愛い彼女と付き合っているのを見ると羨ましい...

左薬指に指輪をしている男性を好きになった時の対処法

男女の恋愛においてであったタイミングが遅いと、諦め...

好きな人と気になる人の違いや境界線の考え方

好きな人と気になる人との境界線は、自分でもなかなか...

先生に告白するなら卒業式にしたいという心理を解説

学生時代に先生に恋心を抱いてしまった時には、叶わぬ...

社内の若い女性と浮気をした旦那への復讐方法

旦那との結婚生活の中で社内の人と浮気をしているのが...

先生に告白したいと思った時に手紙を活用するメリット

学校に通っている時に先生に憧れを抱いて好きになる人...

先生に告白したい!気持ちを伝えるための告白の仕方とは

学生生活の中で先制を好きになってしまった時には、誰...

スポンサーリンク


女性は自分から連絡を取らないのが普通

確かに最近は女性も積極的になってきました。

草食男子に並んで、肉食女子と言われるくらい女性から積極的にアプローチする事も増えてきました。

しかし一般的に女性はアプローチを自分からすることはとても少ないです。

それはあるアンケート調査にも現れています。

「女性からアプローチされたことがありますか?」 と男性に質問した時、9割近い男性は無いと回答しました。

それに比べて、女性のほどんとの女性が男性からアプローチされた事があると答えています。

つまり、1割の例外を除いて、男性が自分からアプローチをしないと女性と付き合う事が出来ないのです。

女性は基本的に男性に対して警戒心がありますから、意味なく男性にメールするということはありません。

アンケートの結果にもあるように、女性は基本的に男性からのアプローチ待ちなのです。

逆に言えば、女性からメールが来るというのは、興味があったり、かなり好意的に思っている時です。

とはいえ、 それでも、数回くらいでしょう。

好きな人からアプローチを待っている

女性は特に愛するよりも、愛されたいという願望が強いです。

そのため自分から積極的に連絡すると、自分のアプローチに男性が答えた結果になってしまいます。

それは愛されているという実感はどうしても薄くなってしまいます。

逆に、気になる男性からアプローチしてもらえるほうが愛されているという実感を得ることができるのです。

だから女性は基本待ちの姿勢を取ります。

それぐらい女性の愛されたいという欲求は強いものなのです。

男性からのアプローチが、自分の価値を決めてくれるという思いが強いのです。

男性が私に積極的にアプローチするという事は、自分にはそれだけの価値があると実感できるのです。

そこにはちょっとした虚栄心が隠れています。

この虚栄心は誰にでもあります。

もちろん男性にもです。

計算している女性もいますが、全ての女性が計算している訳ではありません。

また、自分からあまり男性にアプローチすると「ガツガツしている」「はしたない」というような気持ちもあるのです。

だから余計女性は自分から連絡しない傾向があるのです。

メールの返信がない理由は2択に分かれる

女性は男性よりもメールを面倒くさがる傾向があるってご存知ですか?

男性と女性を比較すると女性の方が、メールに関する返答率はよくないのです。

女性がメールに返信しない理由は二つあります。

一つ目は、本当にメールを送った相手に興味がない場合。

そしてその関係を発展させる気が全くないのです。

早い話が、ダイレクトメールと同じです。

ぱっと目を通して、そのまま削除なんて事があります。

二つ目は男性にとって希望のあるパターンです。

それは必死に返信内容を考えているのです。

メールって色んなツールの中でも感情が現れにくいツールです。

そのために絵文字や顔文字があるのですが、これも多用すると男性にドン引きされかねないため、そこそこに数を減らす必要があります。

その結果、気持ちを文章であらわさなくてはいけないくて、試行錯誤で結果時間が掛かりすぎて、返すタイミングを逃してしまう事があります。

これは、嫌われたくない、好かれたいからこそ文章を頑張りすぎてしまった結果なのです。

つまり希望はあるという事です。

焦らす為にあえて連絡を取らない

恋は駆け引き。

先に好きと言った方が主導権を握るのは恋愛のルールですよね。

という事で、恋愛のテクニックとしてよくあるのが、「押してダメなら引いてみろ」です。

つまり、攻めてばかりの姿勢では常に恋愛の敗者になってしまいます。

たまには引いて相手に「どうしたのかな?」と思わせるテクニックを使うのです。

相手の立場になってみましょう。

今まで猛烈な攻めの姿勢でアプローチが来ていたのに、突然パタッと連絡がこなくなったりすると、「もしかしたら自分に気が無くなったのかも…」と心配しますよね。

これが恋に駆け引きなのです。

もし相手が連絡して来なくなったら焦らしの駆け引きに入っている可能性があると言えます。

ただ注意が必要なのが、相手が本当に興味が無くなっただけの可能性もあります。

そこで相手の気が無くなったにも関わらず攻めてしまうと、返って嫌われてしまう原因にもなってしまうでしょう。

だからここは待ちの姿勢が大切。

もし駆け引きであれば、向こう側から遅かれ早かれ返信がきます。

でないと、二人の関係が終わってしまうからです。

待つというのもまた恋のテクニックなのです。

恋愛を重視していない女性はマメに連絡を取らない

何となく女性は恋愛至上主義という気がしませんか?

でもこれも偏見の一つ。

時間を守らないドイツ人がいるように、陰気なアメリカ人がいるように、手先が不器用な日本人がいるように、恋愛を生活の第一位にしていない女性は少なくないのです。

恋愛はその女性の生活での優先順位が高くなければ、連絡をマメにしてこないという現象が発生します。

あなたに好意はあります。

でも、それにばかり時間を取られるのが嫌なのです。

別にメールしなくても、週末会う約束だよねなんて感じです。

そして、彼女たちにとって彼氏の地位は決して高くないのです。

下手をすると友達の方が優先されたりするのです。

ならば別れてやる!と思っても、彼女たちは「別に別れてもいい」って考えが常に念頭にあることなのです。

恋は好きになった方が負けというのはそういう事です。

そういう女性の考えを変えるってことはかなり難しいのです。

というか彼女を変えるのはあきらめましょう。

それは彼女が今までの生活から築いた考えですから、それを変えるというのは本人がその気にならない限り無理です。

でも別れたくないと思うのであれば、あなたが努力するしかありません。

それはデートするときに彼女に「楽しい!」と思わせること。

次も会いたいって思わせる気持ちが大事だと私は思います。

彼女のなかの貴方の割合を大きくすることが大切です

関連記事はこちら

 - 会話・連絡・話題

ページ
上部へ